【事例】に適した媒体は?

 【事例】は、Webやリーフレットなどの紙媒体で配布されることが多いと思います。

 リーフレットは、営業マンからお客さまに直接手渡しする場合に利用しやすい媒体といえるでしょう。もし営業マンが販促ツールとして持ち歩くのであれば、リーフレットという媒体を選択するといいでしょう。

 Webは、より広範囲なお客さまに訴求する際に有力な媒体となります。Webは、課題を持ったお客様自身が、その課題を解決するために、情報を収集している際に有効な媒体となります。そのため、企業規模/業種・業態/課題などで分類しておき、複数の事例を提供できるようにしておくといいでしょう。

 同一の事例をリーフレットとWebで展開する企業も増えています。リーフレットとWebとで事例のレイアウトを作り直すことも多いのですが、PDFを活用すれば、全く同一レイアウトで、双方に活用できます。

 最近では、新聞や雑誌、Webの広告で【事例】を紹介するケースも出てきています。これらのメディアの記事体広告として【事例】を掲載することで、メディアの読者に対して強く訴求することができます。

 ここでいう「記事体広告」とは、純粋な広告ではなく、記事という体裁を保ちながら自社製品のプロモーションを行うときに活用されている手法です。広告記事をうまく活用すれば、【事例】を掲載する媒体として利用することもできます(実際にどうすればいいかという手順については、少し長くなってしまいますので、当社に直接お問い合わせいただければご説明いたします)。

 つまり、情報を伝達する媒体であれば、すべてが【事例】に活用できるということになります。ただ【事例】の場合、導入先のお客様の写真やコメントなどが多いため、ある程度スペースがある媒体の方が適しているのは間違いありません。

関連する記事はこちら:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする