方針を明確にするには「打ち合わせ」が必須!

 【事例】を作成する際、事例を制作したい企業とライターや制作会社の間で、基本的な情報共有を行う必要があります。それは以下の通りです。

 ・事例の目的(誰に対して何を訴求したい事例なのかを明確にする)
 ・掲載企業を取り巻く課題、どのような提案をしたのかなど
 ・掲載企業が製品・ソリューションを導入を決定した理由
 ・導入効果

 以上の項目は、事例制作を依頼した企業の担当営業者が把握しています。ライターやインタビュアーがこれらの情報を共有しておけば、取材時に、より深い話題を聞き出す際のヒントになるでしょう。

 また、取材対象となる企業に向けた取材レジュメも、この段階で作っておくとよいでしょう。レジュメがあれば、取材を受ける側もあらかじめ準備ができるため、心理的に安心感を与えることができ、スムーズな取材となります。

関連する記事はこちら:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする